食べ物の好き嫌いが多く、ひどくなった状態を「偏食」と言います。

ネットで大量のレシピを手に入れられるようになった今でも、「何を作っても子供が食べてくれない」といった子供の偏食で悩むママは少なくありません。

もしこのまま成長したら大人になってからも困るのでは?栄養のバランスが悪いと成長期にも影響があるんでしょ?と、子供の偏食が改善されないと次々と悩みは増える一方。

そこで今回は、お子さんの偏食でお悩みの方へ、好き嫌いと偏食の違い、おすすめの偏食対策法をご紹介します。

好き嫌いと偏食の境界線

「好き嫌い」とは、嫌いな食べ物を避け、自分の好きな食べ物だけを選ぶことです。「偏食」とは、極端に好き嫌いがあり、栄養バランスに偏りがある状態です。

好き嫌いと偏食の違いを見極めるには、食べられる食品の種類が極端に少ないか、食べられる食品が限定されすぎているかが判断のヒントになります。

自分から好んで食べる食品が多く、特定の食品だけが食べられないのであれば「好き嫌い」。

肉しか食べない、パンは食べるけどご飯は食べない、野菜を全く食べないなどの状態が「偏食」に当てはまります。

子供が野菜や肉を嫌いになる理由

母乳、ミルク、離乳食、離乳食後期から完了期と、発達段階に応じて子供の味覚が育ちます。その中で、ある特長に敏感になってしまうと「嫌いな食べ物」になってしまうことがあります。

野菜が嫌いな理由

苦味やにおい、独特な触感や酸味が野菜嫌いの原因になります。
苦みや酸味を人間は本能で「毒」と認識します。

大人よりも子供の舌の方が純粋なので、「毒」と感じて「危険」と無意識で判断している可能性があります。

つまり、子供が野菜を嫌いなことは「自然」の状態だということです。

肉が嫌いな理由

生々しい赤い見た目、生臭さ、脂っぽさ、食感。肉が嫌いになる原因には、食材の特徴に加え、視覚や嗅覚から感じる「心理的」な要因も含まれることがあります。

例えば、たまたま脂身が多い肉を食べたり、独特の強い臭いがある肉を食べたり、大人の場合は、食中毒や胃もたれなどを感じる経験をしてしまうと「トラウマ」となり、好きな食べ物であっても嫌いになってしまうこともあります。

子供の偏食を改善する方法

親が子供の好き嫌いや偏食に気づくのは、離乳期や幼児期がほとんどです。さまざまな経験から学童期に好き嫌いが激しくなることもあります。

子供の発達段階に合わせた偏食の改善法をご紹介します。

離乳期

離乳期は、首や腰が据わってきた生後5カ月から6か月ごろに始まります。この時期の赤ちゃんは、嫌いなものをスプーンで口に運ぶと舌で押し出し、「食べたくない」と伝えます。

ほとんどは初めての味や食感への警戒心によるものですが、中には重度のアレルギーを持っている食品だったということもあります。

調理法を変えても食べない、何度試しても食べない場合は、念のためアレルギー検査をすることを強くおすすめします。下痢・嘔吐・呼吸困難・皮膚炎など、恐ろしい症状を発症するかもしれないということを忘れないでください。

「飲む」から「食べる」に変わるこの時期、ママにとっては「手作り」したものを我が子が食べてくれる嬉しい時期でもありますが、口に含んだ後の反応には注意しましょう。

幼児期

幼児期といえば2歳、3歳のイヤイヤ期とも重なります。「イヤー!」と拒絶したり、泣きわめいて「嫌い」「食べたくない」を伝えてくることもあるので、ママにとっては何かとストレスを感じる大変な時期でもあります。

幼児期に大切なのは、食べることへのチャレンジ精神を失わないことです。毎回拒否されてしまうと親の方が疲れてしまうものですが、いつも子供の言いなりになってしまうと、克服できる好き嫌いの状態から偏食へと進んでしまいます。

一口でも食べることができればおおげさに褒める、家族が美味しそうに食べるなど、食事が楽しい時間になるようにサポートしてあげましょう。

まずはお子さんの好きな食べ物から、一緒に料理をすることもおすすめです。初めての体験が大好きな時期なので、「ワクワク感」も味方にしてみましょう。

学童期

「先生」や「お友達」との関係が密になってきます。食べられないものが多いと先生やお友達から嫌いな理由を聞かれたり、食べるように進められたりと、子供にとって嫌な思いをする可能性が高い時期です。

ですが、学童期の偏食対策には、人との関りが役立ってくれることもあります。

家庭内だけでの食育には限界があるので、お友達と家庭菜園の収穫体験、クッキング、ピクニックでお弁当を一緒に食べる経験など、給食や家庭料理以外に「食べる」機会を作ることが偏食を克服するきっかけになることがあります。

給食が始まってから嫌いな食べ物が増えてしまったという場合は、お母さんの味で作ってあげてみてください。給食の素材や味付けは嫌いでも、家庭の味なら大丈夫というケースも多くあります。

偏食による子供への影響

子供が偏食になってしまうと、栄養素のバランスが崩れ便秘体質になったり、身体の成長への影響など、何かと悪い影響があるものです。

しかし、一番心配なことは、精神面への影響です。偏食を改善してあげようとする家族の優しさが大きなプレッシャーとなり、ほんの少し食材を口に含んだだけでも「オエッ」となってしまったり、ひどい場合は嘔吐してしまう子供もいるほどです。

1つ1つの食材にこだわるのではなく、他の食材で栄養素を補う方法も検討してみてください。「食べられる」自信がつくと、少しずつ偏食が改善することもあるようです。

また、食べられる食材の種類によっては、意外と「バランスが良い」状態に近いレベルで栄養素を摂れている可能性もあります。

子供の偏食をサポートする健康応援食品

子供の偏食を改善するには、複数の調理方法を試す、食事の雰囲気に注意する、食べられる食品を増やして苦手意識を無くすなど、手間や時間がかかる方法が有名です。

ただ、忙しいお母さんが増えた今、このような根気のいる方法はなかなか難しいのが現状です。

子供向けの健康応援食品を生活に取り入れるだけで、一瞬で子供の偏食についての悩みが消えたという子育て経験者の声が多い人気の3商品をご紹介します。

1位 贅沢のびるんるん

骨にとって重要な栄養素であるビタミンD、カルシウム、大豆や肉類に含まれるアルギニンを一度に補うことができる商品です。

ココア味のタブレットタイプなので、おやつのように子供が喜んで食べてくれると高評価の栄養補助食品です。

初回に限り、実質無料でお試しすることができます。

2位 カルシウムグミ

カルシウム、ビタミンD、マグネシウム、亜鉛、コラーゲン、アルギニンが含まれたグミタイプの商品です。

味は、グレープ、イチゴ、グレープ、レモンの中から選べます。

野菜、肉、魚、乳製品などに含まれる栄養素を美味しく摂ることができます。送料無料の無料サンプルセットをまずはお試しください。

3位 セノビック

身長を高くしたい、フィジカルを強くしたいお子さんに大人気のセノビック。

バランス良く栄養素が含まれた健康食品なので、偏食でも成長期にぐんぐん背が伸びたという口コミも多い大ヒット商品です。

牛乳に混ぜて飲むタイプなので、牛乳が飲めるお子さんにぜひおすすめしたい商品です。初回限定特典もぜひチェックしてみてください。

子供の偏食、悩み過ぎはNGです!

子供の健康や成長、学校での生活を考えると、少しでも早く偏食の状態から救ってあげたいと頑張りすぎてしまうママが少なくありません。

食べられない食品が多くても、必要な栄養素を摂ることができれば、子供にとって一番大切な心と身体の健康をサポートすることができます。

健康応援食品を摂りながら、食べられる食材や調理法を探すという方法も選択肢の1つとして検討してみてください。