【子供の習い事】『ダンス』をするメリット。ダンススクールの費用とおすすめするスクールの選び方

子供の習い事ランキングの上位にランクインしている人気のダンス。

芸能人への憧れや時代のニーズなどもあり、興味や関心をお持ちのお子さんも多いのではないでしょうか。

ただ、親御さん自身にダンスの経験がないと、本当に継続できるか、子供の習い事として適切かどうか迷ってしまうこともあるかもしれません。

特にダンスの習い事にかかる費用や、各ダンスの種類と特徴は気になるポイントですよね。

ダンスの習い事では、子供の成長に大きなメリットを受けられます。

この記事では、お子さんの習い事にダンスを検討している方に向けて、習わせる前に知っておきたい基礎知識やお役立ち情報をご紹介します。

子供の習い事にダンスがおすすめの理由

子供にダンスを習わせることで得られるメリットには、以下のようなことが挙げられます。

ダンス必修化に向けて苦手意識をなくす

2012年より、ダンスが必修化されたことをご存知の方は多いと思います。

これまで学校の体育の授業では、フォークダンスや創作ダンスを取り扱ってきました。

しかし、近年では子供たちに馴染みの深いヒップホップやロックダンスなどを、学校でも教える動きとなっています。

日本人の子供はダンスを踊ることに抵抗や、馴染みの薄さを感じている場合があります。

そのため、「学校でのダンスの授業についていけなくなるのでは?」と心配される親御さんも増えているのです。

ダンスの習い事を通じて、人前で堂々と自分を表現することや、リズムに合わせて楽しんで踊ることに慣れさせるのはとても大切です。

成功体験を積み重ねて子供の自己肯定感を養う

ダンスは、できたときの達成感、音にピタリと合わせられた時の快感など、小さな成功体験を感じる機会がとても多い特徴があります。

たとえば…

(1)振付を覚える

(2)音楽に合わせて踊る

(3)各ステップを磨く

(4)周囲と合わせる

このようにレベルアップしていきます。

ステップを覚えること、そして音楽や周囲と合わせて踊れるようになること、ステップの細かい技術を磨くこと。

それぞれの段階で「できた!」という成功体験を積むことができ、お子さんのやる気向上に繋がります。

舞台に立つという貴重な経験からの学び

舞台に立っての発表や、スポットライトを浴びる経験はとても貴重です。

多くの観客に注目されることや、衣装やメイクでビシッと決めるような体験は、他の習い事にはない要素です。

人前に堂々と立ち、自分を表現するための自信を育みます。

また、発表会では周囲の仲間との協調性を養い、一体となる感覚を得ることもできます。

そして、個人や団体でコンクールに挑戦するレベルまで頑張れば、競争心を養うことにもつながります。

ダンスの習い事を通じて、全体的に活発で明るく、積極的な子供へと成長させるというメリットが期待できるでしょう。

ダンスの種類と費用の目安

ダンスの習い事と一言にいっても、種類は実に様々です。

ジャンルによって必要な物や費用も異なるので、どんなダンスの選択肢があるのかを知っておきましょう。

ヒップホップ

ヒップホップは、男女の性別に関係なく人気の高い、ポピュラーなジャンルです。

子供たちに人気のアイドルや歌手、ダンスパフォーマンスグループなども、ヒップホップダンスを主に取り入れています。

子供自身が憧れを持ちやすく、親しみやすいのが特長です。

費用は、月額4,000円~10,000円が相場です。

スタジオの規模や方針によって前後しますが、これに別途発表会費がかかります。

発表会費もかなり開きがあり、安くて5,000円、高くて50,000円程になるケースもあります。

お近くのスタジオに問い合わせて比較してみることをおすすめします。

ジャズダンス

ジャズダンスは、独特のリズムをとるため、リズム感を養うのには最適です。

ヒップホップよりも少し大人っぽく、バレエよりもカジュアル。

ジャズダンスの中にもストリートジャズと呼ばれるアクティブなものと、大人っぽくしっとりとしたクラブジャズがあります。

男女共に、チャレンジしやすいダンスの習い事です。

ダンスの中でも、費用が少なく、気軽に始めやすいジャンルともいわれています。

月謝の相場は6,000~10,000円。

発表会費も、50,000円前後であることが一般的です。

バレエ

習い事のバレエには、クラッシックバレエとモダンバレエの2種類があります。

ポピュラーなのはクラッシックバレエの方で、すべてのダンスの基礎になっています。

体の柔軟性や姿勢の矯正、また体幹を鍛えるのにも効果的です。

強靭なインナーマッスルが鍛えられるので、力は付くのにしなやかな体つきになるといったメリットもあるのです。

男の子の習い事としてはかなり少数派ですが、その分競争率が低いといったメリットもあります。

しかしバレエは、ダンスの習い事の中でも費用が掛かることで知られています。

月謝の相場は10,000円前後。

更に発表会の費用が50,000円~100,000円程度になることもあります。

コンクールや特別レッスン費用なども掛かる場合があり、習い事の中では高額な部類です。

フラ&タヒチダンス

フラダンスは【タヒチ文明】の祈りの踊りとして始まった、歴史の深いダンスです。

他のダンスより運動量やテクニックを必要としない踊りですが、重心の取り方や下半身の使い方など独特な動きが特徴です。

フラは、ハンドモーションや腰の動かし方などのテクニックよりも、表現で心を育てることに重きを置くダンスです。激しい動きが苦手な子供、控えめな性格の子供でもチャレンジしやすいダンスの習い事です。

派手な衣装や激しいリズムがお好みの方には、タヒチアンダンスがおすすめです。親子でショーに出演できるスクールもあります。

費用は、教室によって異なります。

カルチャースクールの様なフラスタジオの場合は3,000円~6,000円。

イベントやコンクールなどに積極的に参加しているスタジオの場合、6,000円~数万円。

こちらも各スタジオの規模や活動内容によって差がありますので、お近くのスタジオに確認してください。

チアダンス

チアダンスは、スポーツ観戦の応援などで疲労されるチアガールの踊りです。

女の子に人気の高い習い事で、ドラマや映画の題材になったことでブームとなっています。

チアリーディングのように、アクロバティックな技や組体操のような構成はありません。

チームでの動きを揃えつつ、純粋なダンスの技術を披露するものです。

チアダンスの特徴は、チアスピリットという精神論。

他者を応援したり元気付けたりするときの心得や、応援の対象や仲間など他者を思いやる気持ちなども学びます。

チアダンスの月謝相場は、5,000円~10,000円程度。

発表会や、試合・イベントなどへの出演などにより、別途費用が発生します。

衣装代などもかかるので、バレエなどと同等の金額が発生する可能性もあります。

子供にダンスを習わせて感じたメリット

子供の習い事にダンスを選んだ方に感想をお伺いしました。

ダンスを習わせて良かった点、生かせたことや効果を感じたメリットがわかります。

バレエを習って色々な習い事に生かせた!

4歳の頃から娘にバレエを習わせていました。

バレエは様々な体操や踊りの基礎になるので、その後新体操を習いたいと言ったときにも応用が利きました。

先生のお話では、バレエは新体操だけでなく、ジャズダンスやフラダンスなど、他のダンスへ方向転換もしやすいのだそうです。

また、娘はバレエを習ったことで柔軟性が上がり、骨密度までも強くなりました。

バレエは足に強い負荷をかけるので、骨の細胞が強化されて骨密度が高くなります。娘は今でも怪我をしにくく、体も強いです。

体幹が鍛えられたことで、比較的運動神経も良くなっているように思います。

ヒップホップダンスで学校や文化祭でも役立つ!

ダンスを習わせていたので、学校の運動会での表現ダンスなどに生かされ、本人もやりがいを感じていたようです。

テレビで話題のグループやアイドルなどの曲で踊ることができるので、習い事としてだけでなく趣味や遊びとしても成立するのが良いですね。

中学になってからもダンス部に入ったり、文化祭でダンスを披露したり、習い事以外でも生かせる場がたくさんあり、自信に繋がったようです。

ダンスを習い事に選び、楽しみながら運動量を増やせた!

運動が苦手な息子は、スポーツ系の習い事をことごとく拒否していました。

ですが、ダンスならやってみたいと言われたので、挑戦してみることに。

元々歌や踊りが好きな子でリトミックを習っていましたが、小学校入学を機にダンスの習い事にシフト。

ダンスの運動量は、他のスポーツと比較してもハードな部類に入ります。息子の場合、音に乗って体を動かすことで、無理なく自然に運動量を増やせました。

また、体を動かすのはストレス発散にもなるようで、家で遊びながら踊ったりもしています。

ダンスは一朝一夕で習得できるものではないため、早くから始めておいて良かったです。

さいごに

ダンスの習い事は、表現する力を付け、子供の自信を育てることができます。

芸術的な要素と運動の要素をどちらも兼ね備えているため、効率の良い習い事といえるのです。

ただ、ダンスの習い事の費用は、月々の月謝だけでなく、発表会やイベント出演料、衣装代などが別途掛かることも多いです。

これらの費用は、上達すると出演する曲目が増えることも理由に挙げられます。

ご予算や希望のレベルに合ったスタジオを探したり、スタジオごとの特色を比較して検討してみてはいかがでしょうか。