もう少し子供が勉強をしてくれたら…。苦手な教科の宿題を終わらせることがとにかく大変…。

宿題や予習や復習に自習学習。学校の勉強が遅れがちな子供にとって、そして親にとっても「勉強」に関する悩みや不安はさまざまです。

そんな中でも「前は下から数えた方が早かったけど、小学校を卒業するころには学年トップになったよ」「いつの間にか、親に言われなくても自分から勉強をするようになったの」など、こんな成功体験を耳にしたことはありませんか?

子供のやる気スイッチは、意外と身近なところにあるようです。

ガミガミ「勉強しなさい」はNG

テストの点数が悪い。自ら進んで宿題に取り組むことができない。
学校から帰ってきたらゲームをしたり、Youtubeを見たり、漫画を読んでばかり。

このようなお子さんがいるご家庭では、「早く勉強しなさい!」と、つい強い口調で言いたくなる場面が多くあると思います。

ダラダラ過ごしているように見えても、お子さんは、このままではいけないこと、勉強をしなければいけないことを自分で感じています。

ここはグッと我慢。

子供の心理がネガティブな方向に向かわないように注意が必要です。

「早くご飯作ってよ!」「まだ?早くしてよ!」

大人でも、言われ方によってはやる気が失せることがありますよね。

勉強が苦手な小学生が勉強に興味を持つには、家庭でのポジティブな雰囲気作りが大切です。

子は親の背中を見て育つ

子供に「勉強しなさい!」と注意したとき、お父さん・お母さんはいつも何をしていますか?

スマホやPCで何かを調べていたとしても、子供にとってはゲームをしてるのかな?と気になります。

テレビで家族の健康や仕事に関する話題を見ていたとしても、自分も早くテレビを見たいという気持ちが出てきてしまい、勉強に集中できなくなることもあります。

そこでおすすめなのが、「親が何かを学んでいる姿を見せる」ことです。例え5分や10分と短い時間でも構いません。本を読む、文字を書く、計算をする(家計簿)など、少しの時間でも、机に向かっている姿を子供に見せてください。

「お父さん・お母さんも頑張っているんだ」と子供が感じるはずです。親にとっても、大人になってから漢字や英語に再挑戦すると意外と楽しい時間になるかもしれません。

そして、子供の勉強に対するやる気スイッチがONになってしまえば、親の出番は驚くほど少なくなっていきます。

豊富な勉強方法の選択肢

小学生の勉強方法を大きく分けると「独学」「塾」「家庭教師」「通信教育」の4つになります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

独学

文字の通り、先生がいない環境で自身が目標を立て、自分で学習を進める学習方法です。

自分のペースで学べる点が最大のメリットですが、勉強が苦手な小学生にとっては成果をあげることが難しいでしょう。

わからないことをその場ですぐに解決できないことがデメリットです。教材選びや家族のサポートがポイントです。

学校の授業環境に似た「集団指導」、3名程度以内の「個別指導」、わからないところを繰り返し学習できる「映像指導」。

塾を大きく分けると3つの指導形態に分けられます。複数の教科を受講すると、月謝は2万円を超える塾がほとんどです。

指導内容も進学塾・補習塾・総合塾によって違いがあるので、お子さんの状況に合った塾選びが求められます。

家庭教師

自宅に先生を招き、オーダーメイドの授業を受けられる学習スタイルです。

勉強の仕方に関する相談、戻り学習や予習など、完全個別授業ならではの質の高い授業が特徴です。先生によって授業の質が大きく異なること、塾よりも費用が高額になることがデメリットです。

通信教育

目的や学力によって教材を選べます。学習教材、タブレット、テスト、添削・電話サポートなど、各通信教育のサービスによって特色が異なります。

長い間蓄積されたデータを基に作られた通信教育の教材には、小学生がつまずきやすいところをわかりやすく解説、教科書には載っていない子供が興味を持つテーマを織り交ぜるなど、勉強ができる喜びや知る喜びなど、「楽しい」と感じるきっかけが詰め込まれています。

月額の費用は1,000円未満から7,000円程度と幅があります。

家庭学習で成績を上げるコツ

小学生の成績を上げるために必要なことは、家庭学習の質を上げることです。何ページ読んだ、何問解いた、何時間勉強したという数だけの結果だけで満足してしまっている場合は要注意。

コツコツ学習を進め、成果を感じることがお子さんの自信に繋がります。

特に注意が必要なのは、苦手克服のための学習です。理解できない問題を解くこと、最初から長い時間勉強をしようとすることは、お子さんにとって大きなストレスとなり、さらに自信を失うきっかけともなります。

勉強は、難しい問題を多く解いたり、長時間すれば良いものではありません。誰の目も気にしなくて良い家庭学習で、基礎を積み上げ、理解を深めていきましょう。

遠回りのようですが、小学生のころから基礎を大切にした家庭学習に取り組む習慣がついていると、中学生になって問題が難しくなった時も、慌てずに苦手を克服できるようになります。

新しい通信教育『まなびwith』

昭和から平成、そして令和の新しい時代へ。時代の流れとともに教育の在り方も大きく変わろうとしています。

英会話にプログラミング学習の必修化。2020年には、お父さん・お母さんの時代には無かった学習内容が義務教育に盛り込まれようとしています。

要点を暗記するだけではなく、自ら考える力を養うための学習が鍵となります。

そんな新しい時代の教育にピッタリなのが小学館の通信教育「まなびwith(ウィズ)」。家庭学習用の教材として選ばれている人気の理由をご紹介します。

教育の変化に対応する3つの力

①考える力
②ひらめく力
③伝える力

自分の考えを深める力、工夫して問題を解決する力、自分の考えを相手にわかるように整理して伝える力。「まなびwith(ウィズ)
には、この3つを自然に習得するための仕組みが各教科に設計されています。

学生時代はもちろん、社会人になってからも大いに役立つ能力です。

基礎学力と論理思考力を育てる

新学習指導要領に基づいたオリジナルテキストで、応用問題を解くための基となる基礎学力に加え、プログラミング教育の狙いでもある論理思考力と発想力を低学年から育てます。

国語と算数は学年×10分が学習の目安。小3~小6コースには理科・社会があり、楽しい実験映像を見ることもできます。また、全学年に英語のコースがあります。

小学生向けの教材には毎月テストが付いているので、基礎学力の伸びを確認できます。

実際の学年よりも下のコースを同時受講することもできるので、苦手克服用のテキストとしても選ばれています。

基礎を積み上げ倫理思考力を伸ばすことで、難易度の高い問題も解ける力がついていきます。

家庭学習で学力に自信を

勉強が苦手な子供のやる気スイッチは、家で過ごしている時間にもONすることができます。苦手なこと・わからないことに取り組む時間は、子供にとっても楽しい時間ではありません。

塾や家庭教師よりも低価格で学習の習慣も身に付く家庭学習。できる・わかる・解ける喜びがわかれば、課題を出されなくても、子供は自主的に勉強に取り組むようになっていきます。

高校受験に必要な知識の学習は、小学3年生から始まっています。積み重なってしまった苦手を、小学生のうちに解消することができれば、中学生になってからの学習もきっと楽しく取り組めるようになるはずです。